本文へスキップ

最強のエンジニアになるための話し方の教科書

E-Mail:contact@engineertext.com

オフィス 東京都杉並区荻窪

プロフィールProfile

エンジニア50年、博士、技術士を取った扉の向こうには何もなかった!

5歳からエンジニアを目指し、工学博士、技術士(原子力・放射線)を取り、8342憶円のプロジェクトに参加して、自分なりに技術を極めた先にあったもの・・・。
「技術力」も「伝えられなければ成果はゼロ」という現実でした。
ディベートは得意でした。
相手を論破して自分が正しいことを認めさせる。
でも、それは「伝わる」こととは正反対で、相手を攻撃し、敵対する相手を量産しているだけでした。

こうなった原因は「ディベート」を教育され、「伝え方」の存在すら知らなかったからなのです。
私は人生が行き詰まる教育をされていたのです。


外見の変化

CEO

2018年の姿
話し方を見つける前の2012年はいろんなものとの戦いとストレスでずいぶん苦労していました。
今は戦うことや駆け引きを止めて本当に楽になりました。
経歴
・1965年兵庫県姫路市妻鹿生れ
・1984年兵庫県立姫路東高等学校卒業
・1990年大阪大学工学研究科溶接工学専攻修了
・1990年関西電力(株)入社
・2005年同工学博士
・2008年技術士(原子力・放射線)、大阪大学招へい准教授
・2018年エンジニア専門話し方トレーナー


超ラッキーな人生
人生の要所で超ラッキーに恵まれいる強運の持ち主。
・バブルで才人が証券業界へ大量流出。難関の関西電力に入社。
・妻と行き違いでお見合いして半年後に結婚。
・自然分娩で時間が読めないのに三子とも出産に立ち会う。
・空港で振り返ると大学の恩師が(豊田政男教授)・・・「仕事、論文にしなさい!」で博士号を頂く。
・技術士の1次試験がマークシートに変更、2次試験は仕事の高経年化技術評価の出題。一発合格。
・過労で意識朦朧。発作的に飛び降りをしかけたが「窓が開かない」ビルで命を取り留める。
・高震度耐震技術開発のために異例の東京派遣。東京で専門学校に通い、話し方を開発。
・長男の言葉でエンジニアを幸せにし、工業会を活性化するミッションを実行。
・転籍先で変わった健康診断で病気を早期発見。

価値観
・人生は家族とともに。転勤はいつも家族と一緒(妻と家族には苦労かけました)。
・100%愛してもらえるかどうかは分からない。それは神しかできない領域だ。
 でも、自分が100%愛することはできる。それは人間ができる領域。
・判断は成すべきことと、楽しさと愛を優先して決める。私は損得が分かるほど、まだ賢くない。
・許容基準は世間の水準じゃなく相手が満足するか、自分の技術と良心が納得できる水準か。
・自分は無宗教ですが、出来事や人生の流れを司る存在を感じます。
・命が尽きるまでに生まれ預かったミッションを果たしたい。

最期の晩餐
・UCCマイルドブレンドコーヒーとチョコレートとピーナッツ
・浦霞(純米)と出羽桜(純米)
・オレンジとドリアン
・ANAクラウンプラザホテル神戸の朝食
・俺のイタリアン八重洲のロッシーニ
でも・・・みんなと居れれば、晩餐はなくてもいいかな。

バナースペース

最強のエンジニアになるための話し方の教科書

オフィス
 東京都杉並区荻窪

E-mail:contact@engineertext.com
FAX (03-3392-4733)

◆LINE@ 「@oor0839w」で検索 または

友だち追加